外科医の日常ブログ:臨床留学:移植外科:USMLE:まとめ

日本生まれ日本育ちの外科医です。 移植外科医として2018年からアメリカ中西部に臨床留学中。 初期研修、後期研修、大学院は日本で経験しています。 USMLE、留学日記を中心に、関心のある医療トピック(移植外科、肥満外科、予防医学) 趣味の筋トレ、ダイエット、書評、アプリ紹介など 中心に情報発信していくブログです。

予防医学:ダイエット:血糖管理の今のトレンド

 

価格満足度No1
フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

 

 

 

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

 

 

ツイッターでフリースタイルリブレについて

ツイートした所、ダイエットや予防医学に関心がある“健康意識高い系”の方に関心を持っていただけたので、簡単にまとめてみました。

 

(1)リブレって何?

腕に貼り付けて放っておくだけで勝手に血糖値を記録してくれるセンサーです。

 

(2)使い方

センサーを上腕に貼り付けるだけです。

 

電極の種類で血糖値とケトン体値を測定することができます。センサーは耐水性なのでシャワーやお風呂も問題なく入れます。1枚のセンサーで2週間連続使用できます。専用のリーダー(別売り)をセンサーにかざすだけで、データを読み取ることができます。リーダーには最長90日分のデータを保存できます。数字だけでなく、わかりやすいグラフで血糖値の変動を表示することができます。

 

 

(3)ダイエット・予防医学への応用の仕方

・糖質制限ダイエット中の方

・ケトン食を実践中の方

・フィジーク、ボディビル、フィットネスビキニなどの競技者の方

・減量中の方

・糖尿病治療中の方

 

これらの方には、リブレの使用をお勧めしたいです。血糖値の数字だけでなく、食事との関係、1日の中の変動の仕方、トレンドを把握することができるため、より正確な食事管理、体調管理をすることができると考えます。

 

(4)購入方法は?費用は?

Amazonで簡単に購入することができます。

Amazon.jp では

読み取り用リーダー  7,654円

貼付用センサー(1個) 7,343円

で購入することができます。

  

1個のセンサーで2週間継続使用ができるので、

ランニングコストしては月15000円弱になります。

 

この健康への投資を安いととるか高いととるか、ですね。

 

 

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

 

 

 

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

 

 

価格満足度No1