外科医の日常ブログ:臨床留学:移植外科:USMLE:まとめ

日本生まれ日本育ちの外科医です。 移植外科医として2018年からアメリカ中西部に臨床留学中。 初期研修、後期研修、大学院は日本で経験しています。 USMLE、留学日記を中心に、関心のある医療トピック(移植外科、肥満外科、予防医学) 趣味の筋トレ、ダイエット、書評、アプリ紹介など 中心に情報発信していくブログです。

アメリカ生活徒然日記

価格満足度No1

さて、今日から再びアメリカ生活再開です。

 

日常生活の気づき、失敗談などはこちらにまとめていきますね。

 

さて、第一日目は朝の筋トレから始めました。実は、当マンション、1階にマシンジム、地下1階にクロスフィットボックスが併設されておりまして、体を動かすことが趣味な筆者にとってはかなり良い環境なんです。

 

アメリカ生活で一番心配なのはこちらの食事に慣れて、スーパーサイズ化してしまうこと…すでに30代に入って基礎代謝の低下を日々感じる身としては、油断できません。気をつけないと。

 

こちらが1階のジム

f:id:hakosemi112:20180723231535j:image
f:id:hakosemi112:20180723231530j:image

 

 

こちらが地下1階のクロスフィットボックス

f:id:hakosemi112:20180723231602j:image
f:id:hakosemi112:20180723231558j:image

 

クロスフィットボックスは今年の6月までは本格的なコースを開催していたようですが、今は設備だけ置いといて、やりたい人は勝手にやってね方式。その方が気楽っちゃ気楽ですかね。

 

ジム終わりに、ラウンジに寄ったところ、今朝は6:30からコーヒーと朝食のサービスがありました。なんともアメリカっぽい朝食が…

 

ベーグル、ブルーベリーマフィン、チョコデニッシュ、など甘そうなパン達がこれでもかと箱に積まれていました。ちょうど、病院勤務の居住者達の通勤時間に重なっていたこともあり、みんなコーヒー片手にマフィンをつまみながらスクラブ姿でご出勤。

 

マフィンって、日本にいるとちっちゃい一口サイズの個包装のお菓子をおやつとしてたべるイメージだったんですよね。なので、こちらで大きなマフィンを朝食として出されるとまだ違和感ありますね笑

 

違和感ありまくりな朝食を横目にコーヒー飲んでいると、マフィンとベーグル(めっちゃクリームチーズ塗った奴…笑)を一瞬でたいらげた友人に、

 

 

だそうです笑

巨大化しないように気をつけます。

 

さて、今日はこれから大学病院のオフィスに顔を出して色々とオリエンテーションを受けてきます。アメリカ生活はまだ始まったばかり。

 

価格満足度No1