外科医の日常ブログ:臨床留学:移植外科:USMLE:まとめ

日本生まれ日本育ちの外科医です。 移植外科医として2018年からアメリカ中西部に臨床留学中。 初期研修、後期研修、大学院は日本で経験しています。 USMLE、留学日記を中心に、関心のある医療トピック(移植外科、肥満外科、予防医学) 趣味の筋トレ、ダイエット、書評、アプリ紹介など 中心に情報発信していくブログです。

アメリカ生活徒然日記&徒然英会話:SSN申請

価格満足度No1

〜徒然日記〜

今日はSSNの申請に行きました。

 

まず大学のオフィスに行き、J−1ビザで米国に到着したことを確認する手続きをしてもらいます(validation)。この時、I-94という、自分がビザで米国に入国したことを証明する書類を貰います。

 

validation が済んでから、Social Security Admission Office(市役所ですね)に行き、SSN(Social Security Number)の申請を行います。

 

申請に必要な書類は

 

ビザ(パスポート)

DS-2019

I−94

 

です。

 

窓口で簡単な申請書を書いて提出すると、数分で手続きが終了します。SSNのカードは2週間以内に郵送されます。私はすぐに医師免許の申請を行う必要があったので、翌日、窓口にてSSNの番号だけ教えてもらうことになりました。

 

〜徒然英会話〜

 

手術室で使った英語表現、電話でよく使う英語表現の備忘録です。

 

〜手術室編〜

Turn it around ひっくり返して!

Please stay with me. ついてきて!

3-0 tie.  3-0の糸ください

I try to be more specific… もっと具体的に言うと…

 

〜日常生活編〜

和製英語だと知らなかった言葉達:電話で頻出、#、*って英語でなんて言うの?

 

# in US : pound key 

# in UK : hash key

* in US: star key

 

#や*って、電話でカード番号やパスワードを入力した後に、押してねって指示されることが多いのですが、英語で#や*の言い方を知らないとかなり戸惑うんですよね。和製英語でシャープってかなり広く使われているので、教えてもらうまでわかりませんでした。

 

改行する:Start a new line

 

Google音声入力の入力精度が半端ないので、最近よく使うようになりました。ほんとすごいです。音声入力ソフト。

 

Copy & paste without any update considered FRAUD!

 カルテのコピペはダメよ!

 

耳が痛いです。

 

価格満足度No1