外科医の日常ブログ:臨床留学:移植外科:USMLE:まとめ

日本生まれ日本育ちの外科医です。 移植外科医として2018年からアメリカ中西部に臨床留学中。 初期研修、後期研修、大学院は日本で経験しています。 USMLE、留学日記を中心に、関心のある医療トピック(移植外科、肥満外科、予防医学) 趣味の筋トレ、ダイエット、書評、アプリ紹介など 中心に情報発信していくブログです。

アメリカ留学徒然日記:臨床留学:day0

価格満足度No1

やっとインディアナ州の医師免許(といってもトレーニング用の一時的な許可 Postgraduate-permit) がおり、明日から正式にフェローシップを開始できることになりました。

 

回診のプレゼンにめちゃくちゃ緊張するなんて研修医以来の出来事に、不安を隠せません。

 

今日の午前0時から、僕のmalpractice insuranceが機能するらしく、午前0時からは手術にも手洗いして入っていいよとお達しを頂きました。

 

ほんまに大丈夫なんかな…

 

プロキュアメントの情報が入れば、現地まで飛行機で飛んで臓器摘出に行くことになります。

 

どうせ連絡が来るなら手術に入れる午前0時以降に連絡が来て欲しいところ。

 

さて、ノリで乗りきってきた臨床留学ですが、これからどうなることやら。

価格満足度No1